(模)埼玉中央急行鉄道

アクセスカウンタ

zoom RSS 新モジュールの製作を開始しました

<<   作成日時 : 2011/06/30 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

新モジュールの製作を開始しました。
今までのモジュールは、思い入れのあるシーンを再現する為にみんな大型で扱うのに大変で、また、実在するイメージとの違いにすぐに手が止まっていました。
また、運転会に持って行くには、重いので、まるで引越しの手伝いをした翌日の様でした。体。
それに今は、家で若干小さいけど常設出来ているので、いつでも運転できるから、「そこまでして、運転したいか?」と思うと、「???」でした。

正直言って運転会にモジュールを持参するのは、非常に億劫になっています。


それを少しでも、打開する為に、今回は、超軽量モジュールで、製作も、ちょー簡単に出来る様に、組レールで組むことが出来るモジュール規格にしました。

画像


まず、規格ですが、今までは、ベニヤや木材に都合の良い寸法である900×300が中心だった。
しかしながら、この寸法は、組レールでは、実現出来ない寸法の為、必然的にピコのフレキシブルレールを使用する事になってしまいます。
そこで、今回は、KATOのUNITRACKの寸法に合わせました。
248mmの直線3本と124mm1本の868mmを長さをひとつの基準とします。
モジュール4本並べると、900mmのモジュールとの差は、128mmとなり、64mmレール2本分になるので、その単位で、共通利用が可能です。

レールの長さは、868mmですが、台枠の長さは865mmとします。
両側に1.5mm飛び出る事になりますが、個体差を吸収するには、この位の突起は必要なので、この位がちょうど良いです。

次に側面は下図の通りです。

画像


3.0mmのスタイロシートと2.0mmのスタイロフォームを張り合わせて、その上に0.5mmのスチレンシートを張って高さを5.5mmにします。
これにより、高架橋の高さとほぼ等しい高さになります。

木材等を一切使用してないため、非常に軽いです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ランキング

このブログは下記ランキングに参加しています。 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
新モジュールの製作を開始しました (模)埼玉中央急行鉄道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる