(模)埼玉中央急行鉄道

アクセスカウンタ

zoom RSS 【新鴻巣駅モジュールレイアウト製作記】レール配置を見直す Part.4

<<   作成日時 : 2010/09/12 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【新鴻巣駅モジュールレイアウト製作記】レール配置を見直す Part.4では、4番ポイントの設定を変更します。
元々は、DCC専用にした固定式レイアウトに使用してあった為、4番ポイントが、非選択、フログレールを無電区間としてスプリングポイント化して使用していた。
路面電車じゃないのと、車両を選んでしまうので、このままでは、やはり運転会では、駄目かなと思い通常の選択方式、フログレール通電方式に変更しました。

ご存じ無い方も居るかも知れませんがKATOの4番ポイントは、ねじ位置を変更するだけで、上記設定を簡単に変更が出来るのです。
画像
4番ポイントを全て裏返しにした所


画像
非選択、フログレールを無電区間の設定になっている


画像
これをねじを3箇所止め直して選択方式、フログレール通電方式に変更した


ここまでは簡単に元に戻ったのだが、スプリングポイントにしていたので、ケーブルが無かった。
画像
通常は、写真の様なコネクターのケーブルで接続されている


画像
スプリングポイント化していたのでケーブルが付いてなかった


このコネクターは、他には信号機位にしか使用して無く延長ケーブル等では入手出来なかったので、直接、半田付けをする事にした。

まずは赤黒のケーブルを用意してストリッパーで7mm位被覆をむきます。
画像
ホームセンターで売っていた万能型のストリッパー


画像


画像
ストリッパーの0.75の所にケーブルの被覆を挟み、右方向に引っ張ります


画像
被覆がむけた所


次にケーブルと、ポイント側に予備半田をします。半田でケーブルをちょん付けする時は、必ずたっぷり半田を付けます。
画像
芯線に予備半田をした所


画像
ポイント側にもたっぷり半田を付けます


画像
ケーブルとポイントの端子に付けた半田を溶かして一体にします


少々、半田が、もっこり気味ですが、ケーブルをちょん付けする時は、この位の方が安全です。

この方式で、6個の4番ポイントにケーブルを接続しました。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキング

このブログは下記ランキングに参加しています。 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
【新鴻巣駅モジュールレイアウト製作記】レール配置を見直す Part.4 (模)埼玉中央急行鉄道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる