(模)埼玉中央急行鉄道

アクセスカウンタ

zoom RSS 今回の運転会の反省点が沢山ありました

<<   作成日時 : 2009/10/05 06:34   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今回の運転会の反省点が沢山ありましたので、忘れない様にメモしておきます。

以前は、900mmの脚で自立させ全てのモジュールをクランプ止めしてました。
今回は、机の上にモジュールを展開する為にクランプ止めは出来ませんでした。
この違いにより、様々な問題が発生してしまいました。
従来、ちゃんと接続出来たモジュールも上手く接続出来ずにてんてこ舞いしてしまいました。

はじめは、運転出来るのか、少々、不安に・・・。

また、新作モジュールも、マイナス公差ぎみになってしまったのか、クランプ止めしてない為に上下左右に曲がっている事で接合面が長くなってしまっていたのか124mm直線では隙間が出てしまう様になってしまいました。
クランプ止めの重要性を再確認させられました。

さらにブランクがなせる業で、元々124mmの直線で接続する利点である、こう言う時の為に64mmの直線を持参したにもかかわらず、64mm+62mmの126mmや、64mm+64mmの128mmにも出来る事をすっかり忘れてしまっていて、組みあがってしばらく運転してから気づく有様でした。
はじめから、64mmと62mmの組み合わせで接続しておけばと悔やまれました。

ギャップが大きかった事で、走行音は、良い音がしていましたが、そこで跳ねてしまい、特定の車両ではありますが、カプラー開放や脱線が発生してしまいました。
こんなに走行トラブルを出してしまったのも久々でした。参加された方に申し分け無っかたです。

今回の反省としては、まず、全体をクランプ止めは、机が邪魔をして出来ないモジュールもあるのですが、せめて直線部4枚、コーナー2枚、駅の4ブロック位にクランプ止めして固定し残りの部分を如何するかと言う様な形にすれば、もっと、設営が楽だったと思いますし安定走行出来たと思います。

後は、自分のモジュールどおしで接続する部分は事前に接続予定のモジュールを接続して勘合状態を保守して置くべきだと思いました。

最後にJAMで、一部、自分の組みレール用の脚と同じ様な物をコーナーに使ってエンドレスを作っていたクラブがあったが、これは、モジュールが足りなかったのではなくて、もしかして、設置時の誤差をその組レール部分で調整してしまう為にあえて設けていたのかも知れないと思いました。

モジュールだと何が何でも、きっちり合わせないとならない。
クランプ止めされていれば、モジュールを押して位置を合わせてしまえば、何とかなるが、クランプ止めされてない場合、殆どやり直し状態になってしまう。今回がそうだった。

運転に支障をきたす状態であれば直さなければならないが、少しづつずれて、その結果、多少曲がって接続されてしまった場合は、モジュールの位置関係の誤差を組みレールで誤魔化せば、モジュールを設置し直さなくても良いかも知れない。

次回はこの辺を改善し、全モジュールベニヤ平原撤廃しようと考えている。

久しぶりだったので、予想通り、反省の多い運転会になってしまった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
運転会お疲れ様でした。コーナーを含めて全部モジュールを持ってくるとは思っておらずびっくりしました。線路の隙間は課題ですね。幸い必ず脱線すると言うことはなく大丈夫でしたね。次回はうまくいくと良いですね。東武動物公園も順次整備を進めていきたいと思います。
びんいち
2009/10/06 20:09
無理しないで組みレールの方が良かったかもしれませんね。
次回は、事前に接続TESTを実施する予定です。カッコ良いシーンよりも安定走行重視で・・・。
MRK
2009/10/06 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文

ランキング

このブログは下記ランキングに参加しています。 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
今回の運転会の反省点が沢山ありました (模)埼玉中央急行鉄道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる