(模)埼玉中央急行鉄道

アクセスカウンタ

zoom RSS 秩父鉄道の変な所 Part.4

<<   作成日時 : 2009/04/17 00:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

秩父鉄道では、駅に着いても、開かないドアがある駅があります。

普通は、有効長が、短くて、前か後ろの1両が・・・。

何て言う事は、良くありますが、ここでは、


画像


画像
4枚あるドアのうち、内側2箇所しか開きません


まるで小型レイアウトの駅のように、駅のカーブがきつくて大きく隙間が開いています。
写真では、あまり広く感じませんが、年寄り子供では、非常に危険なほど開いてました。
もし、閉まっているドアが開いていたら、飛び乗る、飛び降りる、飛び移ると言う表現が相応しい光景で、唖然としました。

都会育ちの自分にとっては、これだけでも、価値があったかなと感じてしまいました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ランキング

このブログは下記ランキングに参加しています。 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
秩父鉄道の変な所 Part.4 (模)埼玉中央急行鉄道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる