(模)埼玉中央急行鉄道

アクセスカウンタ

zoom RSS 【レイアウト製作記】下り勾配部分の作成

<<   作成日時 : 2007/09/12 07:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今回のレイアウトは、主にフラットベースに高架線を積み上げて行く方式を採用しているが、1箇所だけ、ベースを切り落として、下り勾配を作成する必要がある。
今回は、そこの部分を加工した。

フラットベースに高架線を積み上げて行く方式の利点としては、ベースがしっかりするのと、勾配が作りやすい事にある。
ベースを切ってしまうと、強度バランスが崩れて経年変化で、しなりが出易くなってしまう事が上げられるので、自分は、あまり好みません。
また、ベースから高架線として登って行く場合は、比較的綺麗な勾配を作るのは、簡単だが、地下に沈んでいく場合は、意外と難しかったりする。

高架線の場合は、下に材木をはさんて行けば、良いので比較的楽ですが、地下に下る場合は、吊り下げる様な形になるので、加工が大変なのと、パネルの補強枠等の障害物も沢山あり、好きな所で固定出来ない場合があるからです。

勾配の高さを決めるのに板材を使用するが、自分の場合、板材の幅や、板厚の機械で切断した面を積み上げて構築する事にしています。

理由としては、昔、子供の頃、多分30×14×910位の板材を各高さに切って高架線の橋脚を作ったが、上手く切断出来なくて、多少、高さがずれてしまった。
普通の木工加工であれば、誤差の範囲であるが、Nゲージの場合は、水平部分が、だんちになってしまった経験がある。
この時、当時、通っていた日曜大工の専門店の方に、このアイデアを教えて頂いてからは、ずっと、この方法を採用している。誤差が少ないので・・・。

画像
ベースを切り出して下り勾配を作る所の罫書きをした所


画像
10mm厚の板材を利用して勾配を作っている所


画像
10mm厚の板材を2枚重ねて20mmを作っています


画像
30mmは、14mm2枚と2mm1枚を重ねています
全て、木っ端なので10mm厚は貴重なので、30mm
以上は、なるべく使いません。


これらの木っ端は、14mmは、モジュール加工時に出たものを取ってあったので、それを使用しています。他の物は、ホームセンターで、1袋詰め放題、300円で買い込んできたものです。
本当は、幅60mm、55mmのものが大量に必要だったので、それに合う物を買ったのですが、偶々、厚さ10mmの木っ端があったので、60mm×10mmのものを探しまくってかき集めてきました。
2mm厚の物は、袋の隙間が勿体無いので、そこに押し込んだものなのですが、結構、こちらの方が、重宝したりしています。

画像
このパネルの下り勾配部分の加工が完成した所



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキング

このブログは下記ランキングに参加しています。 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
【レイアウト製作記】下り勾配部分の作成 (模)埼玉中央急行鉄道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる