(模)埼玉中央急行鉄道

アクセスカウンタ

zoom RSS 【レイアウト製作記】押入れ内部に入る部分の土台工作

<<   作成日時 : 2007/08/27 06:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ずっと、悩んでいたのですが、やっと、踏ん切りが付いて工事に入りました。

6畳間の壁面と、押入れに入る部分に約8cm程の突起があって、レイアウトを設置するには、非常に邪魔で、処理を如何しようかと思っていました。
高架線のホームを設置すれば、良いかなと思っていましたが、有効長が不足しそうなのと、この為に全体的に8cm手前に出て来てしまうので、威圧感があり、奥に無駄なスペースがあると思う為なのか部屋のスペースが、思った以上に狭く感じてしまいました。
当初30cmの幅で予定していた追加の敷地を20cmにしようかと思っていましたが、突起部分を踏ん切りが付いて、カットしてしまいました。
画像
押入れ内部の寸法に合わせて設置した
フラットベースの土台


賃貸だったら大変ですが、持ち家なので出来る事です。
ただ、これで、家の価値が300万程度、目減りしてしまいました(泣)。
でも、考えようによっては、10年も住めば、内装は、リホームしなければ売れないので、同じ事かな。その間、ずっと、ストレス感じながら運転するよりましなので。
これで、後戻り出来なくなってしまいました。

画像
基本は、モジュール規格のパネルなのですが、ここのパネルだけは、
押入れの内寸に合わせて、幅を約20cm追加してあります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキング

このブログは下記ランキングに参加しています。 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
【レイアウト製作記】押入れ内部に入る部分の土台工作 (模)埼玉中央急行鉄道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる