(模)埼玉中央急行鉄道

アクセスカウンタ

zoom RSS 【埼玉(さきたま)駅モジュール】製作記 (2)

<<   作成日時 : 2007/02/01 03:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今回は、レールの配置案を公開します。

良くある上り下りに各1本づつ待避線がある、4番線までの駅です。
今回は、DCCの運転がやりやすい様にする為に4番ポイントを2個スプリングポイントにします。

画像


P1とP4は、安定走行性を考えて6番ポイントを使用し、デコーダーで制御し、P2とP3は、ポイント操作を簡単にする為に4番ポイントで、スプリング方式を採用します。

スプリングポイントは、KATO4番ポイントの裏側にあるネジを両側とも非選択式で、フラグ給電をOFFに設定します。
6番ポイントは、選択式のまま、何も加工せずにモジュールパネルの裏側にDCCアクセサリーデコーダーを取り付けます。

1番線と4番線は、留置線として使用する事や、アナログ運転時の待避線に使用する事を考慮に入れて、図の様に、2箇所ギャップを設けてフィーダーを設置します。

但し、この方式の場合、下記の問題点があります。

@左側通行専用になってしまう
A片台車給電等、給電の弱い車両は4番ポイントの所で、走行が不安定になってしまう

当鉄道の場合は、日本型オンリーなので@は、問題無しです。
Aで問題がある場合は、MM’のユニットをジャンパー線でつないでしまおうかと考えています。即ち、台車4個から給電出来る形になります。

しまう時に制約が出てくるのと、見たくれが悪くなりますが、安定走行に越した事ありません。
こうしておけば、給電の悪い町の時間貸しのレイアウトでも、気にせずに運転が出来ます。

但し、まだ、これを採用しないと厳しい車両は、当鉄道には、ありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキング

このブログは下記ランキングに参加しています。 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
【埼玉(さきたま)駅モジュール】製作記 (2)  (模)埼玉中央急行鉄道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる