(模)埼玉中央急行鉄道

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鉄道模型】モジュールレイアウト・埼玉電車区製作記(14)

<<   作成日時 : 2007/01/30 04:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

久々のモジュールレイアウト・埼玉電車区製作記の続編です。
と言っても・・・。

今回は、足回りです。
組みレールを使用して、お気軽運転を楽しむ場合は、不要なのですが、ALLモジュールで組む時は、モジュールに足を付けて浮かして、部屋の凹凸の影響を受けない様にした方が、安定走行しやすくなります。

と言っても、加工はいたって簡単で、イレクターの「J−46」を4個接着剤で固定するだけです。

画像
モジュールにイレクターの「J−46」を取り付けた所と、
約20cm長(アジャスター中間部分で19cm長)の足


で、問題は、足の長さなのですが、運転会等では、国際規格のレール面高さ90cmを採用している所が多いですが、家では、高すぎます。

机置きの場合は、KATOのモジュール規格のレール面高さ10cmに合わせるケースが多いのですが、自分の場合は、レール面高さ20cmにしました。

理由は、下記の通りです。

1.以前に作った新桂川橋梁をベースで作った「鳥澤鉄橋」モジュールや、今後如何するか、決めてないのですが、新毛渡沢橋梁をベースにした「土樽に新幹線が走ったら」を出来れば、つなげたい

2.KATOのモジュールパネルでも、凹凸を吸収する為に浮かせたい

3.JIS規格で机の高さが70cmと決まっているので、運転会等に持って行く時、机の上に展開するだけで、90cmになる。

固定式のレイアウトにするかどうかは、後回しにして作業を進める事にした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキング

このブログは下記ランキングに参加しています。 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
【鉄道模型】モジュールレイアウト・埼玉電車区製作記(14) (模)埼玉中央急行鉄道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる