(模)埼玉中央急行鉄道

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鉄道模型】モジュールレイアウト・埼玉電車区製作記(10)

<<   作成日時 : 2006/12/16 12:31   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今回も、引き続きDCCアクセサリーデコーダー「DS52」の配線と設定です。

取説には、KATOのユニトラックに付いているケーブルの赤・黒の配線が、明確には、記載されていませんので、まずは、その調査からです。
取説は、汎用性を持たせた説明に終始している為にユニトラックのポイントの切り替わる原理や、配線仕様(赤と黒のケーブルが内部で、どの様につながっているか)を知らないと理解出来ない内容で書かれています。

それでは、2個のアクセサリーデコーダー回路を有するDS52に、実際に動作を試してみて配線しました。


1)まず、線路電源が、入ってない事を確認します。

2)ユニトラックのポイントに付いているケーブルを切断します。
3)切断したコネクター側を線路電源のコネクターに接続します。

4)次に写真の様に線路電源に接続したケーブルの反対側の赤を4pin黒を5pinに接続します。

画像


5)ポイントから出ているケーブルを適当な長さで切断し、被服をむいて、写真の様に接続します。ここで、2個のポイントの配線が逆になっている事が、ポイントです。
すなわち、両側共に、線路電源を接続したケーブル側に赤が、外側に黒が来る様に配線します。

これで、配線は、終わりです。次に初期設定値での動作確認をします
但し、再利用の場合は、以前に設定したIDで、確認します。自分の知っている範囲では、初期化は出来ないと思います。

6)ポイントが動作出来る状態になっている事(動作に邪魔になる様なものに引っかかってないか)を確認し、先ほど接続したケーブルがショートしてないかを目視します。

7)線路電源を入れます。

8)スイッチモードに変えてID「1」を設定して、「t」「c」で、配線写真の右側(回路A側)に配線したポイントが正常動作する事を確認する

9)次にID「2」を設定して、「t」「c」で、配線写真の左側(回路B側)に配線したポイントが正常動作する事を確認する

これで、デコーダー、ポイントコイル、配線が、正常である事が確認されました。
最後にIDの設定をします。実は、DS52は、ここも癖があります。

10)線路電源を切ります

11)写真のコネクターに対して左側にあるジャンパーピンをショートさせます。

12)線路電源を入れます

13)写真のコネクターでは右側(回路A側)に設定するIDを選択して「t」「c」を切り換えます。
この時、表示だけ変わりますが、ポイントは動きません。

14)次に間髪入れずに左側(回路B側)に設定するIDを選択して「t」「c」を切り換えます。
この時も、表示だけ変わりますが、ポイントは動きません。

15)線路電源を切ってから、先ほどショートさせたジャンパーを外します(元の状態に戻す)。

16)線路電源を入れて、設定したIDでポイントが切り替わる事を確認する。
この時、動かない場合は、10)〜16)を繰り返す。

物によっては、中々記憶しないものがありますので、何度も繰り返します。
特に回路B側だけ動かない事が良くありました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
モジュールの製作が進んでいるようで凄いですね。
DS52は使いやすいですか?
DS54なら使ったことがあります。
こちらは入力があるので外部の要因でポイントを切りかえることができます。
センサは自作品の他、別売品もあります。
4入出力です。
ただDS54はホビセン在庫品ではないので取りよせになります。便利なデコーダーなので常時在庫してほしいです。
自分は1つ買いましたが、使いこなす前に放り出してしまいました。
試したのはTOMIXの踏み切り制御だけ...値段は忘れました。
びんいち
2006/12/16 21:57
DS52は、使いやすいですよ。
モジュールや固定レイアウトには、安価だし固定方法も簡単です。
MRK
2006/12/16 23:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキング

このブログは下記ランキングに参加しています。 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
【鉄道模型】モジュールレイアウト・埼玉電車区製作記(10)  (模)埼玉中央急行鉄道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる