(模)埼玉中央急行鉄道

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鉄道模型】モジュールレイアウト・埼玉電車区製作記(9)

<<   作成日時 : 2006/12/14 04:54   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今回からは、配線に入ります。まずは、DCCのポイント用デコーダーの取り付けからです。

画像


モジュールパネルの裏側に「DS52」を取り付けた所です。
これから配線をするポイントから出ているケーブルが見えます。

「DS51K」「DS51K1」は、何個も使用しているのですが、「DS52」は、今回が初使用です。
ここで、問題が発生しました。取説には、色々なポイントマシンの配線の仕方や、仕様は、詳しく書かれていますが、KATOのユニトラックに付いている赤・黒のコードを1pin・3pinに付けるのか、その逆かの記載がありません。

これでは、ポイントが直線側に切り換わった時、+が、赤なのか黒なのかを知っていないと、配線出来ません。ちょっと、不親切だと思いませんか、KATOさん。

まあ、どちらかを選んで配線して、動かしてみて、逆側に動くようであれば、配線しなおせば良いのだが、電気的な知識に自信の無い方は、ちょっぴり不安になって困ってしまうと思います。

取説作成の為の専門部隊がいる家電の取説と比べたら、ちょっと、気の毒かな。
でも、小学校高学年以上対象とは言え、「おもちゃ」だから・・・。

あんまり、作業が進んでないので、ちょっぴり、誤魔化しです(自爆)。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うーむ・・・。私はここまで機械的なことはやりませんね。全て単純に作ったレイアウトで。でもそろそろこうしなければ折角の高価な模型も勿体無いですね。

それと、幼稚な質問で申し訳ないのですがDCCは何の略でしたっけ?
オーミヤ
URL
2006/12/14 20:27
DCCは、デジタル・コマンド・コントロール(システム)の略です。
DCCの事は、色々書かれていますが、
自分は、面倒な事は、1回だけで済ませたいからデコーダー付けるのです。
組立式や組みレールでのお座敷運転をやる時に都度行う配線工事が楽になるからです。普通のリビング位だったら、凝った事しなけれれば、配線は線路電源1本でOKです。
今までの方式だと、ポイントの数だけ配線しないとなりません。この電車区は、22個ポイントを使っています。
コネクタは、専用の多ピンのものに交換出来ますが、ケーブルは、減らせません。自分の場合、ここが一番大きいですネ。

MRK
2006/12/15 04:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキング

このブログは下記ランキングに参加しています。 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
【鉄道模型】モジュールレイアウト・埼玉電車区製作記(9) (模)埼玉中央急行鉄道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる